本文へスキップ

人形劇・腹話術・マジックショー、からくり人形や伝統人形芝居まで、なんでも挑戦! 人形劇の宅配便? トモキチ笑劇場で~す!

電話でのお問い合わせはTEL.042-696-3703

〒192-0016 東京都八王子市谷野町719-702

プロフィールprofile


学生時代に人形劇の魅力に惹きこまれ、サークル
活動を始める。アマチュア人形劇のフェスティバルに
参加したのがきっかけで様々な人形劇人と出会い、
プロ劇団の芝居にもはまりこむ。気が付けば、
いつの間にやら『人形劇団ひとみ座』へ入団
全国行脚の旅上演・NHK教育TVにも出演したり
『(公財)現代人形劇センター』にも参加し、
からくり人形にも携わる。しばらくして
『げきだんはてな』結成に参加!
その後は『エツコ・ワールド』にもお世話になり
マジシャンやクラウン・パントマイマーとも共演し、
さらに芸域も広がることに!
子ども向けの人形劇の他に、八王子車人形・
西川古柳座の一員(西川 柳栄)として
新内節・義太夫節・説経節での人形浄瑠璃、
落語・講談・浪曲などの語りでの
大人向けの伝統人形芝居にも関わっています。
(人形劇の便利屋みたい?)
最近では、聴覚障害者のメンバーとともに
『デフ・パペット・シアター』で文化庁の助成公演で
全国の小・中学校へも上演に回っています。
全国47都道府県をまわり、海外は23か国を人形劇
でまわりました。
人形劇一筋40年!今後も「未来の天使」たち
のために頑張りま~す!
トモキチ笑劇場をよろしくお願いいたします!




トモキチ(中山 知二)の履歴書
(みたいな自分史)
1955年
昭和30年
子どもに
良き環境
トトロに会
えた時代
東京葛飾区、古き良き東京下町
「3丁目の夕日」の時代だ~!
さだまさしに「木根川橋から~水道道
抜けた~!」と歌われた木根川町
(現葛飾区東四つ木町)に生まれる。
「アセチレン焚いて~あんず飴
売ってますか~?」
カルメ焼きが大好きだった!
6歳の頃 寅さんの「男はつらいよ!」で
有名な柴又・の隣町、高砂に転居。
空き地がたくさんあった。団地ができ
スーパーマーケットも出来始めた頃
小学校
時代
'62~'68年
高砂小学校時代は、病弱でひ弱
な少年時代を過ごす。東京オリン
ピックで
盛り上がっていた頃! 紙芝居のおじさんが来ていた。
「黄金バット」などを
よく見た。
駄菓子とコロッケで育つ。
5円のげそフライをよく食べた。
泥粘土で作る「カタ」(彩色もする)で遊んだ。
暗くなるまで缶けり・
草野球を!コッペパンが
10円、
ジャムをつけて
15円だった。
夏にはセミ採り、玉虫もとれた。
めだかにタナゴ・ザリガニ取りも
するめイカでよくとれた。
『ひょっこりひょうたん島』・
鉄腕アトムなどを観て育つ
 中学校
時代
'68~'71年
 高砂中学バスケット部で鍛えられる。おかげで身体も丈夫になり、
運動神経抜群に急成長!「男はつらいよ」
(寅さん)の撮影を見に
よく帝釈天や江戸川の土手に行く。
後の人生に多分に寅さんの影響
をうける。
 高校
時代

'71~'74年
 都立航空高専に入学。機会工学を学ぶ。体操部入部。激しい運動に夢中になる。ブルース・リー、
ジャッキー・チェンに憧れアク
ションごっこをよくやってた。
危ないことを盛んにやっていた。
やがて人生に悩み高専を中退
してしまい、その後、とある劇団
のオーデションを受ける。
 JAC
時代
 俳優の故藤木悠氏(キーハンターの刑事役)の誘いで、通称JAC
(ジャパン・アクションクラブ)に入る。スタントマンの道を目指し、
千葉
真一先生に特訓を受ける志穂美悦子(現・長渕夫人)と同期
で共にレッスンを受ける。ある時、稽古中高所から落ち大怪我。

全治7ヶ月、4ヶ月間首から腹までギプス生活!
あー!情けない!
結局JACを辞めることに! 
 居候時代&
蛍雪時代
 怪我のため仕事もできず、
居候先を転々とわたり惨めな
人生を経験。

JACをやめ、大学進学を志す!バイトと受験勉強に精を出す。
お金もないので、予備校にも通えず、ラジオ講座で必死に勉強!
 学生時代
'77~'80年
他人より3年遅れて大学へ。晴れて創価大学へ入学、八王子の住人となる児童教育(小学校教諭)を目指すが、そこで出会ったのが運命の人形劇。
サークルで活動開始。この頃、チャップリンの映画をよく観る。なかでも
『街の灯』には涙した。以来チャップリンが憧れ(理想)となる
 
サークル
時代

 児童文化研究部(通称ジャリ研)で人形劇を始める。いきなりフジTV
「3時のあなた」に出演することに。アマフェス(新宿・プーク人形劇場)
出演をきっかけに様々な人形劇人に出会う。渋谷の小さな劇場「プルチネラ」で観た『美女と野獣』に衝撃。以後、ひとみ座の芝居に夢中になる。
この頃東宝ミュージカルの『ラ・マンチャの男』を観たのが良いか悪いか、
人生の転機に!
 
 ひとみ座時代
'80~'88年

 大学在学中に、ひとみ座の一員となり、その後8年ほど修行させて
いただく。 『ビッケとバイキングたち!』で始めてプロの舞台に。
その後は『オズの魔法使い』・『かちかち山』に出演
 。『お馬に化けた
きつねどん』で全国行脚。
NHK教育TVのテレビ人形劇にも出演。
忙しい日々を過ごす。
NHK教育TVでは、『びんぼう神と福の神』
『浦島太郎』・『鶴の恩返し』や『蜘蛛の糸』などに出演。
 そらいろ座時代
'80~'85年
学生時代の仲間数名と人形劇団「そらいろ座」を旗揚げ!
『そらおくんのお絵かき帳』『大きい?小さい?』等の作品で、
多摩地区を中心に活動を始める。飯田人形劇カーニバルに参加、
ここで香川の西畑人形芝居の池原氏やその他様々な人形劇人
との運命的な出会いが。その後の人形劇人生に多大な影響を
受ける。
この頃「ひとみ座」でも活動し、二束のわらじを履くが、
忙しくなり、「そらいろ座」はやがて
解散となる。
 
 からくり
人形

'80~
現在
 「現代人形劇センター」の一員として、松屋などのデパートでの
「からくり人形展」に携わる。愛知デザイン博覧会では名古屋城会場
でからくり人形の解説・実演を担当。八尾の西武デパートでも開催。
その後、栃木子ども科学館・板橋区立科学館・上野国立科学博物館
などの科学館でのからくり展や、また、台湾国立歴史博物館での
『機会人形展』にも(海外でのからくり展)。今でも時折『からくり展』
をお手伝いさせていただく。なかでも、川口市立科学館での
『からくり人形特別展』や沖縄での『ロボ・とも展』はとっても楽しい
展示会でした!
 げきだんはてな
'89~'97年
 うそまこと氏・わけみずえ氏とともに「げきだんはてな」を旗揚げ。
その後
7年ほど多忙な日々を過ごす。『失われたソラ』・『魔女っ子
チーちゃんこんにちは!』『ギンギラじいさん街をゆく』『つるさん
かめさんのスペース旅リンス』などで全国へ。『ユメミステーション』
でエツコ・ワールドと関わる。全国の子ども劇場・おやこ劇場にも
大変お世話になり、いろんなところに行かせていただきました。
 エツコ・ワールド
'97~2007年
 丹下進演出作品、『いやいやだのきかんぼヒヨコ』&『ころころ』
などで全国行脚。
 この頃プラス・ワン劇場で、マジシャン&パント
マイマーや、クラウンの皆さんとのジョイントで公演にまわる!
腹話術の一石堂とこの頃一緒の旅公演にも!エツコ・ワールドに
すっかり甘えて過ごす。 しかし、その後、エツコ・ワールド゙が長浜
へ移転、 東京事務所閉鎖。一人ぼっちになり、急に暇になる。
エツコ・ワールドのおかげで仕事にありついていたかを思い知る。
 八王子車人形
'98~現在
 はじめはお手伝い・勉強のつもりが、だんだん伝統人形芝居の世界にはまり込む。人形を使う機会が増え、やがて二代目「西川 柳栄」を襲名。『三番叟』をはじめとして、『東海道中膝栗毛』『日高川入相花王』『芝浜』『葛の葉』『松山鏡』『紺屋高尾』『小栗判官』『照手姫』『釣り女』などに出演するようになり、
邦楽の世界・義太夫や新内などの未体験ゾーンに惹かれ、
自分の狭い世界が開かれていく。
 『東海道中』の弥次さん・喜多さんの話では、新内(しんない)
の人間国宝「鶴賀若狭掾」
師匠と海外公演に参加させていた
だき、そのすばらしき芸はもとより、豊かな人間性に魅了され、
三味線音楽
(邦楽)の魅力に圧倒される。さらに『死神』『野ざらし』などの作品では、入船亭扇治師匠などの落語での芝居におおいに刺激を受け、今更ながら、日本文化の豊かさ・すばらしさを再認識をする。
 アメリカ・ヨーロッパ・韓国・南米など数ヶ国へ公演の旅へ。楽しい経験と勉強をさせていただいている。200911月~12月に東欧5カ国へ。
2010
年は1か月間の全米ツアー
2011年はバルト3国、(エストニア・ラトビア・リトアニア)で海外公演は23か国になりました!
 トモキチ笑劇場
(
数年前~現在)
 エツコ・ワールド以降、一人で 『トモキチ笑劇場』として活動を
始めることに!それまでにお世話になったところや、近隣の
保育園・幼稚園・児童館などでの上演活動を細々と再開する。
 その傍ら団地の自治会長をかれこれ20年も続けたり、中学校
のPTA副会長も経験させていただいたり、また、母の介護

(
世話)に手がかかったりで、いろいろなことに手を出しすぎて、
本来の目的を見失いそうになる。
 3年前、
(2017年1月)に引越しをし、今は緑に囲まれた静かな
住宅街の中でのんびりと、細々と活動している状況です。
ここで心機一転、子どものための楽しい人形劇を目指し
(活動の中心として)再出発しました。

子どもたちの素敵な笑顔と出会えるように! どうぞよろしく
※ ここまでお読みいただき、本当にありがとうございます! 感謝♡ お疲れ様です!

information

トモキチ笑劇場

〒192-0016
東京都八王子市谷野町719-702
TEL&FAX:042-696-3703
携帯:090-9300-3163
E-mail:↓
gekijo@tomokichi.biz


トップページ

プロフィール

上演のご案内

プログラム

ニュース・他

からくり人形

八王子車人形